シーズー小太郎の裏日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小太郎の闘病の記録(5)目が見えない?

<<   作成日時 : 2010/01/31 02:10   >>

トラックバック 0 / コメント 1

そして、死の2日前。
小太郎の意識ははっきりしていた。そして、やはり身の置き所もないくらい体がだるいのだろう。
水を飲みたそうだったので、スポイトで口の中に水を入れてやるのだが、やはり飲んでくれない。
口からは、もう一切なにも受けつけてくれない。
それでも、補液のためにオシッコは出る。
ただ、律儀にちゃんとトイレまで歩いていく。

小太郎のそばまで行き、「小太郎」と声をかけると驚いたようにこちらを向いた。
気がついていなかった?
目が見えていない?
そういえば、数日前から、小太郎は眼を異常なほど見開いていた。そして、いつもあらぬ方向をむいていた。
腎不全になると目が見えなくなるという話は聞かない。でも、小太郎の視力は明らかに落ちているようだった。

部屋の中ほどで、突然立ち尽くしてあらぬ方向を見ていたので、トイレのそばまで連れて行ってやると、自分でトイレに入っていってオシッコをすませる。


8月末には6.1だったクレアチニンが、一週間で7.2にあがっていた。
慢性腎不全の子の中には、クレアチニンが9くらいあっても元気な子はいると聞いていたが、腎臓のクレアチニンの値は、一度上がってしまうと下げるのはかなりたいへんだと聞いていたので、そこまで上がる前に、これ以上の上昇を抑えたいと思い、3日間の静脈点滴をお願いすることにした。
静脈に直接水分を入れれば、補液で水分を入れるよりもより効果があがるということだった。

からだに水分を入れることは、腎不全の子にとって、とても必要なことなのだ。
腎臓は、血液中の老廃物をろ過してきれいな血に戻し、そして、老廃物は、オシッコとしてからだの外に出している。腎不全になると、本来外に出さねばならない老廃物が、再び血液の中に戻って体の中をめぐっていく。
その老廃物が混じった血を薄め、そして大量のオシッコとして無理やり体外に放出させる、そのための「補液」なのだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ママさん、偉いです。
ちゃんと書かれたんですね…
私はいまだ現実逃避で、リズが倒れてからのことは書けないんですよ。
小太郎君の目、どうだったんでしょうね。
うちは失明したんですよ。。。腎不全による高血圧網膜はく離でした。
思い出すと辛いですけど、ママさんのように、腎不全に苦しむ家族のために、ちゃんと記録を残す姿勢に頭が下がります。
小太郎君がんばりました!

リズぴあ・ひろ
2010/02/08 21:21
小太郎の闘病の記録(5)目が見えない? シーズー小太郎の裏日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる