シーズー小太郎の裏日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小太郎の闘病の記録・・・(1)

<<   作成日時 : 2008/10/11 03:45   >>

トラックバック 0 / コメント 14

家に帰る道を運転しながら、白い小さな骨壷に入ってしまった小太郎に眼をやって、また涙があふれてきました。
まだ7歳だったのに・・・
そして、前の子達は、ふたりとも、眠るような最期だったのにくらべ、小太郎の最期はあまりにもいたましかったから・・・。

最期の夜、小太郎は窓際のフローリングの上に大きなペットシーツを広げ、その上にうつぶせに横たわっていました。
少し前に、かなり大量に血の混じった大量の液体をゴボゴボと吐き、そして、自分の吐瀉した上に力なく顔を落としました。
ペットシーツの上に移動させ、汚れた顔をそっとふいてやりましたが、もう自分で顔を上げられませんでした。
おなかは、午後からずっとゴロゴロと音をたてていましたが、いまだに続いていました。
ウンチが出るのだろうか・・・朝には形のあるいいウンチが出たんだけど・・・そう思っていました。

突然、ブクブクと、小さな音がして、小太郎を見ると、横倒しになったまま真っ黒な液体のようなウンチをしているのです。
もうだめなのかも・・・そう思いました。
小太郎の顔は、もう半分とろんとして、意識もあるのかないのかわからないように見えました。
「あとでゆっくりふいてあげるからね。」
オシリの毛はもう真っ黒に汚れていました。
シートの汚れていない所に、小太郎をちょっと移動させました。

それから20分くらいたったでしょうか。
横倒しになった小太郎の四肢が突っ張っています。
なにも声を発せず、音もたてず、静かに・・・でも、小太郎の瞳は・・・ちょっと驚いたように見開かれていました。
来た・・・これが尿毒症の発作だとわかりました。
でも、その発作も想像していたより力ないように見えました。

この発作が一段落ついたら座薬を入れてあげる・・・はずでした。
でも、その一方これで逝ってしまうかも・・・という予感もありました。

主人と私は、小太郎の体を支え、
「頑張って・・・」
「もういいから・・・もう頑張らなくてもいいから」
「これが終わったら楽になるから・・・」
いろいろな言葉をかけながら、小太郎の発作が終わるのを待ちました。
涙がポタポタ流れ落ちました。

それは、見ているのも辛いものでした。
突っ張った足は、右に、左に、そして天に向かって突き上げられました。

そして、1分も続いたでしょうか。
小太郎のからだが横倒しになったまま動きを止めました。
心臓は・・・呼吸は・・・動いてない・・・
「死んじゃった・・・」

「楽になったよ・・・小太郎・・・」

主人とふたりで小太郎を撫でながら、ずーっと流れ落ちる涙をとめることができませんでした。


ふと気づいて時計を見ました。時間は深夜0時を5分過ぎていました。




小太郎の兄妹の生活は、
    ↓↓↓
画像
で見てください!


ランキングに参加してます。
      ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
小太郎ちゃんお疲れ様。
本当に苦しくて辛かったね。
虹の橋を渡って遊んでるかな?!

ママさん小太郎ちゃんが、こんなに早く天国に召されるとは正直、思っていませんでした。
ママさん寝れないのですね!!最期はこんなにも壮絶な苦しみだったんですね傍に付き添って居られて相当お辛かったと思います・・!
手に取るように・・・小太郎ちゃんが虹の橋を渡った日から思い出す度、涙が溢れます。多分、自分より先には・・・!
分かっているけど辛過ぎます。
済みません、お会いした事も無いのに分かったような事をダラダラと!
慰めにも何もなりませんが、パパ・ママさんミョウくんや雛ちゃんの為にも、お身体に気を付けて元気を取り戻して下さいね。
心より小太郎ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。



こたママ
URL
2008/10/11 08:05
ず〜と、毎日、雛ママさん小太郎ちゃんの事を、思っていました。主人と息子に、ママさんと小太郎ちゃんの今までの話をたくさんしました。小太郎ちゃんを亡くした
ママさん、ご家族の、お気持ちを思うと、涙が溢れます。あまりにも若く、病気の苦しみを見守られ、本当にお辛かったことでしょう。もう、れおぽんも15歳、
人事とは、思っていません。失うことの怖さを、身にしみています。ママさんには、雛ちゃんミョウちゃんが
側に居てくれています。ママさんの悲しみを見守っています。乗り越えてくださいね。言葉が下手で、申し訳ないです。許してください。お身体、大事にしてくださいね。心より、小太郎ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
れおぽん
2008/10/11 10:55
なんと言ったら良いか、言葉が詰まります。。それほどまでに壮絶な最期だとは思いませんでした。。。

ボクは、この前の記事が更新された段階で、まだ可能性があると信じて。。。信じたくて、鼓舞するコメントを綴りました。でも自分自身でも分かってるんです。“頑張れ”と言う言葉が、時に苦しいだけのツラい言葉だって。けど、なんとか持ち堪えてくれると信じて送ったんですが。。。。。そうでしたか。。。本当にごめんよ、小太郎君。そんな状況だとは知らなくて、ツラい言葉を送っちゃったね。

ママさん、パパさんの喪失感を思うと、、、いや、実際はこちらの想像以上だと思うので、どんな言葉お掛けしたら良いのか。。。
Noel
2008/10/11 15:10
小太郎ちゃん、がんばったね!

辛かったろうに・・・

どんな状態でも最後を看取るのはつらいですね。
初代の子の最後を思い出してしまいました。

小太郎ちゃん、今頃、お空で家族のことを、
見守っていることでしょう。

ママさんもパパさんも、一杯泣いてあげてください。
そして、良い思い出だけ、思い出してあげて下さいね。

小太郎ちゃん、やすらかに・・・・
しょうこ
2008/10/11 16:27
小太郎くん。最後の最後まで... 苦しかったねぇ。辛かったねぇ。
でも、最後まで良く頑張ったねぇ!偉かったよぉ〜
今は、もうどこも痛くないかなぁ?
ゆっくりと... 安らかに過ごしてねぇ。

私の実家のシュオンも小太郎くんと同じような最後だったので、ダブってしまって...
涙が止まりません。

壮絶な最後を看取ったママさん、パパさんお疲れ様でした。
そして、とてもお辛かったでしょうねぇ。
大切な宝物を失った今、悲しみから抜け出せないかと思いますが、
ゆっくりと... ゆっくりとで良いので元気を取り戻して下さいねぇ。

みゆ
2008/10/11 18:01
最近 忙しくてブログから遠ざかっていましたが
まさか小太郎ちゃんがこんな事になっていようとは・・・
突然のことで、雛のママさんにかける言葉もみつかりません…
記事を読んでいて8月に逝ってしまったchichiの事を思い出してしまい 涙が溢れてきてしまいました
7歳だなんて あまりにも早い… 早すぎます
小太郎ちゃん きっと天国で元気になって雛のママさんたちを見守っている事でしょう
chichiと一緒に遊んでくれていると嬉しいなぁ

小太郎ちゃん お疲れ様 よく頑張ったね
雛のママさんたちを見守っていてあげてね

小太郎ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします
Boo
2008/10/11 18:10
ごめんなさい。。。
言葉が見つかりません。
辛かったね。
苦しかったね。

今はただ
ゆっくりと体を休めてね
としか。。。

はつママ
2008/10/11 18:12
小太郎君、本当に辛かったね。苦しかったね。
でもよく頑張ったよ!
ホントに褒めてあげたいくらいだったよ。
あんなに優しい小太郎君がなんで苦しんで亡くならなきゃいけないの!と神様を恨みたくなる思いだったわよ。
今はもう苦しくないよね、しんどくないよね。
天国では走りまわってるかな?
今度生まれ変わったら元気な体で生まれてくるのよ。
病気に負けない頑丈な体でね!
小太郎君どうか、どうか安らかにね。

雛のママさんも長い間お疲れ様でした。
雛のママさんとこで育った小太郎君は幸せ者だったと思います。きっと感謝の気持ちいっぱいで天国に召されたことでしょう。
小太郎君を失くされて、気落ちされてることでしょうね。ゆっくりでいいですから元気を取り戻してくださいね。長い間お疲れ様でした。
ベンクラママ
2008/10/11 20:49
雛ちゃんのblogで小太郎ちゃんが虹の橋を渡った事を知り、こちらのblogにお邪魔する事が怖かったのですがすみません…
パパさんもママさんも小太郎ちゃんも苦しかったんですよね…
本当に涙が止まりません。小太郎ちゃんは病気の痛みから解放されて今は笑顔でパパさん、ママさん、雛ちゃんやみょうちゃんを見守っているんでしょうね…
小太郎ちゃんの事忘れないよ
小太郎ちゃんの病気の事も…

小太郎ちゃん頑張ったね。そしてお疲れ様でした。
いつか虹の橋で会える時また笑顔見せてね…
mimi‐nail‐candy
2008/10/11 21:49
小太郎ちゃんの最期、、、
とっても可哀相なくらい辛かったんですね。
そばで見ていたママさんとパパさんもお辛かったと思います。
小太郎ちゃんを亡くした悲しみはずっと消えないと思いますが
雛ちゃんやミョウ兄ちゃんの為にも早く元気になって欲しいです。

ここに来る前に雛ちゃんのところで元気な頃の小太郎ちゃんの動画を見ました。
何回も何回も、、、
あんなに元気にご飯を食べていたのに、今はもういないのですね。
こんなにも早くに逝っちゃうなんて、、、
いつか会えると思っていたのに。

小太郎ちゃん最期までよく頑張ったね。
今はもう辛くはないよね。
お友達と元気に走り回ってる?

小太郎ちゃん安らかに。。。

bibi
2008/10/11 22:11
 あんなに可愛くて、優しい小太郎くんが、何故、こんな最後を迎えなくてはいけなかったの?と…胸が詰まる思いがします。
ここまで壮絶な最後となっていたなんて、小太郎くん、ママさん、パパさんの事を思いますと、あまりにも悲しくて、言葉が見つかりません。
原因が、先天性疾患って事で、7歳と若くしての旅立ちには、やはり先天性疾患はなくすべきだと、強く思いました。
上手く言えませんけど…私は、出会ってからの時間は短いですけど、凄く親近感を持っていましたので、今でも、信じたくない気持ちが強く、また可愛いお顔を見せてくれる気がしてなりません。
闘病生活は、ママさん、パパさんの愛情ある看病のお陰と、小太郎くんの頑張りもあり、辛い事もあったと思いますけど、それを忘れるぐらい幸せな生涯を送れたと思いますよ。
小太郎くんは、ママさん&パパさんの息子になれた事、ミョウ兄ちゃん&雛ちゃんと兄妹になれた事が、とても幸せだったと思います。
小太郎くん、ママさん、パパさん、本当にお疲れ様でした。
本当に、よく頑張った小太郎くん、大好きな家族を見守りながらも、安らかにね。
welina
2008/10/11 23:23
小太郎ちゃん。。。
辛かったね。苦しかったね。
ママさん、私悲しくて、涙が止まりませんよ。。。
命に終わりがある事は、わかっているけど…。
その時が来る事なんて、信じたくないですよね。
時が悲しみを癒してくれると皆さん言って下さるけど相当な時間が必要だと思います。
ご家族も、気が張っていた事で頑張って過ごされて
今、疲れが出て来ているのではありませんか?
くれぐれも、ご無理はなさらないように。。。
少しずつ、元気になって下さいね☆
小太郎ちゃんのぶんも、ココには頑張ってもらいます。。。
来世でも、小太郎ちゃんに出会えますように☆
のんち
2008/10/12 00:34
雛のママさん、昨日は大変辛い時に雫のためにいろいろアドバイスいただき、本当にありがとうございました。

私も2年前になくした子の最後は苦しめてしまったので
毎日、後悔で自分を責めて苦しくて悲しくて・・・
ペットロス症候群になってしまいました。

ママさんは小太郎君のため、できること全てしてあげて
きっと小太郎君感謝してると思います。

私もママさんを見習って雫にはできる限りのことしてあげないと・・・

亡くしてすぐより、日が経つにつれてきっと悲しみが増してくるかもしれませんが、雛ちゃん達が心配するから
早く元気になってくださいね。

獅子丸ママ
2008/10/12 01:06
小太郎ちゃん、よく頑張ったね。
辛かったでしょうね。。。。
でも、素敵な家族と暮らせて良かったね。
今頃、虹の橋で元気に飛び回っているのかなぁ?
パパ、ママさんどんなに寂しい事でしょう。
でも精一杯の事をされて、小太郎ちゃん幸せでしたね。

3ワンの母。
2008/10/12 16:05
小太郎の闘病の記録・・・(1) シーズー小太郎の裏日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる